すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 家族が快適に暮らせる間取り選び ポイントは3つ!

家族が快適に暮らせる間取り選び ポイントは3つ!

家族で住む家を探す際、大きなポイントとなるのが間取りでしょう。

 

間取りの選び方は家族のライフスタイルに良くも悪くも影響を及ぼします。

 

今回は、家族で新しい賃貸物件を探す際の間取りを検討するポイントを3つご紹介します。


家族

 

家族の構成から考える間取り


家族の構成によって理想的な間取りは異なります。

 

下記の3パターンでそれぞれ考えてみましょう。

 

DINKS(ディンクス)

 

「子どもを作らない共働き」という生活スタイルを選択する夫婦には、コンパクトなLDK+寝室で構成される1LDK2LDKがおすすめです。

 

自宅に仕事部屋や趣味の空間が欲しいなら、夫婦の寝室以外にもう一部屋あっても良いでしょう。

 

▼子どもがいる夫婦

 

子育てファミリーなら、子どもの人数にもよりますが、間取りは3LDK程度が理想です。

 

リビングとつながっている個室を子ども部屋にすれば、コミュニケーションも取りやすいでしょう。

 

▼二世帯家族

 

親世帯と子世帯が同じ屋根の下で暮らす二世帯家族なら、ある程度お互いのプライベートを確保しやすい間取りが必要です。

 

LDKの隣に親の寝室を配置すれば、介護が必要になったときに動きやすいでしょう。

 

家族のライフスタイルに合った間取り


家族のライフスタイルに適した間取りの選び方は大切です。

 

子どもが小さいうちと大きくなってからでは、生活スタイルが大きく違ってきます。

 

また、家族間のコミュニケーションの取り方や趣味によっても、必要な部屋の造りは変わってきます。

 

ファミリーの団らんに重点を置くのであれば、個室の広さよりもLDKが広い部屋を選びましょう。

 

そして子ども部屋を作る場合は、きょうだいの性別や年齢差などを考慮して、1部屋にまとめるのか別々の部屋にするのかも考えましょう。

 

どんなライフスタイルを望むのか、各家庭でしっかり話し合って検討してくださいね。

 

生活動線から間取りを検討


生活動線から間取りを検討


生活動線の快適さは住みやすさにつながっているともいえます。

 

動きやすい家なら、サクサクと家事や育児をこなせるでしょう。

 

特に、洗濯や料理などの家事動線の良さは時短につながり、団らんや趣味の時間を作り出します。

 

賃貸物件を内見するときは、いつもの暮らしを思い浮かべながら部屋の中を歩いてみて、生活動線の良し悪しをチェックしましょう。

 

家を回遊できるような動線は行き止まりがないので、動きやすくおすすめですよ。

 

 

まとめ


家族で暮らすにあたっての間取りの選び方ポイントを3つご紹介しました。

 

賃貸物件の場合、間取りが合わないからといって自由にリフォームできないため、内見のときにじっくり調べてみてくださいね。

 

神戸市北区・三田市で賃貸物件をお探しの際は、有限会社すみれハウジング三田店までぜひご相談ください

≪ 前へ|子育てにがんばる!ファミリー向けの賃貸物件の探し方とは   記事一覧   カップルで同棲を始めるにはどんな間取りがおすすめ?1LDK・2DKのメリット・デメリットを解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約