すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > カップルで同棲を始めるにはどんな間取りがおすすめ?1LDK・2DKのメリット・デメリットを解説

カップルで同棲を始めるにはどんな間取りがおすすめ?1LDK・2DKのメリット・デメリットを解説

恋人と同棲を始めるのは、とてもワクワクするもの。

 

しかし、それまでずっとそれぞれ違った生活をしてきた2人が、初めて一緒に暮らすのですから、適当にお部屋を決めてしまうのはちょっとキケンです。

 

せっかくの同棲生活を毎日楽しく過ごすためには、お互いのライフスタイルを考慮した間取りのお部屋を探すことが重要です。

 

同棲カップルが住みやすい間取り1LDK2DK2LDKについて、それぞれの間取りの特徴とメリット・デメリット、どんなライフスタイルに合っているのかをご紹介します。


カップルにおすすめの間取り

 

同棲を考えているカップルにおすすめの間取り①1LDKのメリットや特徴は?


1LDKの最大の特徴は、すべてのスペースを基本的に2人で使う間取りだという点です。

 

1人になれるスペースが少ないのが弱点ですが、その分一緒にいる時間が長く取れるという大きなメリットがあります。

 

いつも一緒に過ごしたいという付き合いたてのカップルや、お互いに仕事などが忙しくて家で過ごせる時間が少ないという2人にもおすすめです。

 

また、1LDKはコンパクトな間取りなので、家賃を抑えられるのが大きなメリットです。

 

同棲を考えているカップルにおすすめの間取り②2DKのメリットや特徴は?


2つのお部屋とダイニングキッチンがある2DKの間取りは、部屋数が多いので1人の時間を確保できるのが大きなメリットです。

 

2部屋をそれぞれの部屋にするのも良いですし、1つは2人の共用ベッドルームにして、もう1つを共用のスペースにするのもアリ。

 

部屋数が増えると掃除が大変というデメリットはありますが、2DKは収納スペースが充実していることも多いので、お互いの荷物が多いカップルにもおすすめです。

 

起きる時間や寝る時間が違っていて相手の邪魔をしたくないというカップルや、お互いにライフスタイルや趣味を尊重したいというカップルにもぴったり!

 

さらに、ケンカしたときの逃げ場もあるので、ちょっと1人になって頭を冷やしたいときも安心ですね。

 

同棲を考えているカップルにおすすめの間取り③2LDKのメリットや特徴は?


メリット


2つのお部屋に加えて、リビングとダイニング、キッチンがある2LDKの間取りは、将来的に結婚・子育てまで考えているカップルにおすすめの、広めのお部屋です。

 

ファミリー向け物件も多く一部屋を子ども部屋にすることもでき、結婚や出産にともなう引っ越し費用をカットできるのも魅力。

 

お互いの友達を招いてパーティを開くこともできメリットは多いですが、広くなれば当然家賃は高くなるというデメリットがあるので、共働きなど余裕のあるカップルにおすすめです。

 

まとめ


同棲を考えているカップルは、家賃や駅近といった条件に目がいきがちですが、まずはライフスタイルに合った間取りのお部屋を探すことが大切です。

 

それまで別々の生活を送っていた2人が楽しく一緒に暮らせるように、お互いの生活パターンを尊重できる間取りのお部屋を選びたいですね。

 

私たち有限会社すみれハウジング三田店では、同棲をお考えのカップル向け賃貸物件を多数取り扱っております。

 

住まい探しでなにかご不明点などございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください!

≪ 前へ|家族が快適に暮らせる間取り選び ポイントは3つ!   記事一覧   子どもとの毎日のお出かけに!神戸市北区の子育てサークルや園庭開放とは?|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約