すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 新婚さん向け賃貸物件:人気のある部屋の間取りとよくある失敗例

新婚さん向け賃貸物件:人気のある部屋の間取りとよくある失敗例

人生を共に歩むことを決めたパートナーが見つかれば、次は一緒に生活をすることになるでしょう。

 

では、そんな新婚さん向けの部屋の大きさとはどのぐらいか、また新居の間取りはどのぐらいが丁度いいのか、まとめてみました。


新婚さん向け賃貸物件:人気のある部屋の間取りとよくある失敗例


新婚さん向け賃貸物件のおすすめ間取りについて①:人気は1LDK~2LDK程度


新婚さんの方々に特に人気なのは、1LDK2LDKの間取りです。

 

2LDKが人気である理由としては、それぞれのプライベートな空間を持てるという理由です。

 

プライベートな空間はいらない方にとっても、2つの部屋があることで、親や友人が来たときに泊まれる部屋として利用したり、片方を趣味の部屋として利用することも可能です。

 

また、将来子どもができた際に、子ども部屋としての利用も考えられますので、リビングルームに2つの部屋があることは一番理想的だと思われます。

 

LDKを選ぶ方は、プライベートな空間はいらない、リビング・ダイニングと寝る部屋で別れていればいいとの考えのようです。

 

もちろん、新婚さんの方々の中には、まだまだ手取りが安くて広い部屋に住めない方や、将来のために貯蓄したい、結婚式の費用を貯めたい方などもいらっしゃると思います。

 

しかしながら、家は毎日帰ってくる場所であり、癒しの空間です。

 

同居が初めての場合など、お互いの良い面も嫌な面もすべてが見えることになります。

 

狭い部屋に住むことでプライバシーが損なわれ、かえって喧嘩が増えるようなことになってはいけませんので、お互いのプライバシーを十分に配慮しながら、納得のできる新居探しを心掛けましょう。


新婚さん向け賃貸物件のおすすめ間取りについて②:新居選びの失敗例


新婚 賃貸 プライベート


さて、新婚さんの部屋選びについて、失敗例をご紹介します。

 

まずは、住むスペースは全く問題ないのに、収納が少なくて部屋が狭くなってしまった事例です。

 

安さ重視で1LDKを選んだものの、お互いの荷物が多く、寝室が荷物だらけになってしまったとのことですが、2人暮らしの場合、収納スペースも重要です。

 

お互いどの程度の荷物があるかにもよりますが、事前に話し合っておくべきでしょう。

 

また、1LDKで、お互いの生活リズムがバラバラで、睡眠不足になってしまったという事例もあります。

 

他にも、3LDKを借りたものの、奥様が体調不良で会社を辞めることになり、結果として広すぎる部屋の家賃が、家計を逼迫してしまったなどの事例などもありました。

 

このように、部屋が広くても狭くてもメリットデメリットがあるため、お互いの生活リズムや持ち物などを含め、より多角的な視野で検討すべきと言えるでしょう。


まとめ


新婚さんが同居する新居の間取りについては、子どもの存在や、互いの持ち物などを配慮し、よく相談し、吟味すべきでしょう。

 

価格や立地だけで選んでしまった場合、思わぬデメリットを生むことになるため、より多角的な視野での検討が必要です。

 

私たち有限会社すみれハウジング三田店では、兵庫県三田市・神戸市北区の賃貸物件をご紹介しております。

 

また、新婚さん向けの賃貸物件もご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください

≪ 前へ|新婚さん向け賃貸物件における人気の設備や条件について   記事一覧   三田市広野駅周辺の住みやすさを調査!3つのおすすめポイントをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約