すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしのワンルームが狭く見えないおすすめレイアウトとは?

一人暮らしのワンルームが狭く見えないおすすめレイアウトとは?

一人暮らしのワンルームのサイズといえば、一般的に6畳~8畳が中心です。

 

決して狭いわけではありませんが、深く考えずに家具をレイアウトしてしまうと、ごちゃごちゃして、狭い印象を与えてしまうことになる恐れがあります。

 

すっきり広々とした部屋にするためには、ベッドやソファなどの配置がとても重要になってきます。

 

そこで、これから一人暮らしを始める人に向けて、ワンルームを狭く見せないためのレイアウト方法をご紹介します。


ワンルームの一人暮らしにおすすめのレイアウト(1)ベッド


一人暮らしのワンルームが狭く見えないおすすめレイアウトとは?


ワンルームを広々と使うレイアウトのためには、まず一番場所を占めることが多い、ベッドの配置に注意しましょう。

 

ベッドに限らず、大きなサイズの家具から先に配置を考えると、ほかの家具の配置も考えやすくなります。

 

ベッドの配置は、代表的なものが2つ。

 

1つ目は、ベッドを部屋の短い方の壁側にくっつけるレイアウトです。

 

こうすると、まとまったスペースが広く取れます。

 

2つ目は、部屋の長い方の壁側にくっつけるレイアウトです。

 

ベランダへ出やすくなることが多いので、洗濯物などのストレスが減るでしょう。

 

また、一般に、ベッドのサイズについては、一人暮らしの場合は横90100センチ×195センチのシングルベッドで十分なことが多いようです。

 

体が大きい人や広々としたスペースで眠りたい人などは、縦が120センチのセミダブルを選ぶのもありですが、スペースを考えると迷われるでしょう。

 

10センチほど多く場所を取ることにはなりますが、ベッドは頻繁には買い替えないものなので、サイズの大きさだけにとらわれずに選んでくださいね。

 

逆にベッドが多少コンパクトでも気にならない人は、SSサイズのベッドを選ぶのも1つの方法です。

 

横幅が80センチなので、シングルよりも広々とお部屋を使えます。

 

モノが多い人は収納付きベッドを買うのもおすすめです。


ワンルームの一人暮らしにおすすめのレイアウト(2)ソファ


ワンルームの一人暮らしにおすすめのレイアウト:ソファ


スペースを考えると迷ってしまうソファですが、ワンルームだからといって、必ずしも小さめサイズのソファを探すことはありません。

 

ソファに割くスペースを大きくする分、ほかの家具をコンパクトなサイズにすれば、とくに窮屈さも感じずに過ごせるはずです。

 

また、ベッドに次ぐ大きさのソファを、思い切って置かないというのも1つの手です。

 

ソファの代わりに、クッションを敷いたチェアやビーンクッション、床にフロアクッションなどを置けば、スペースを広々と使えるでしょう。

 

ソファに限らず言えることですが、床の色に家具を合わせると、テイストが統一されてすっきりとした印象になりますよ。

 

また、なるべく背の低い家具にそろえると、圧迫感が出ず、部屋が広々として見えるので、ぜひ試してみてくださいね。


まとめ


一人暮らしのワンルームに多い6畳~8畳の部屋は、思いつきで家具を配置してしまうと、ごちゃごちゃして狭い印象を与えてしまいます。

 

はじめに、ベッドやソファといった大型家具の配置を決めてから、そのあとで、なるべく高さや色を統一した他の家具を配置していくと、すっきり広々とした印象になります。

 

また、優先順位の低い家具は、1つ小さめのサイズにしたり、いっそのこと買わなかったりするのも1つの手ですよ。

 

くふうすることも楽しみのひとつですね。

 

快適な生活をされますように、応援しています。

 

私たち有限会社すみれハウジング三田店では、三田市の賃貸物件を豊富に取り揃えております。

 

気になる物件がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください
≪ 前へ|一人暮らしでも飼えるペットは?賃貸物件で動物と一緒に暮らそう!   記事一覧   はじめての一人暮らしにおすすめの間取りは?ポイントを解説します|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約