すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸に独立洗面台は必要?家賃はどれくらい高くなるの?

賃貸に独立洗面台は必要?家賃はどれくらい高くなるの?


独立洗面台について


賃貸物件を借りるときの条件として人気なのが、独立洗面台です。

 

独立洗面台があることのメリットとデメリット、家賃はどれくらい高くなるのかを詳しく見ていきましょう。

 

また、独立洗面台は本当に必要なのか、ない場合の対処法もご紹介します。


賃貸に独立洗面台は必要?

 

賃貸に独立洗面台は必要?

メリットとデメリット

 

賃貸物件内に独立洗面台がないと、風呂場に入って手洗いなどをしなければなりません。

 

独立洗面台があれば、手洗いや歯磨きのたび

風呂場に入らなくて済むのでメリットと言えます。

 

さらに、独立洗面台があることのメリットとしては

収納を確保できたりコンセントを使うことができることが挙げられます。

 

また、洗面台や鏡が大きく使いやすいこともメリットと言えますね。

 

特に女性は、朝のヘアセットやメイクで鏡を見ながらドライヤーやヘアアイロン等を使いたいという方が多いでしょう。

 

洗面台周りには、くもり止めヒーターが付いていることも多いので、ストレスなく使うことができるでしょう。

 

続いて、独立洗面台があることのデメリット

家賃が高くなることです。

 

5,000円から10,000円ほど高くなってしまうのは

大きなデメリットですね。

 

さらに収納が増えることで、水回りの清掃が大変になってしまうこともデメリットになります。

 

独立洗面台が必要かを検討する時は

金銭的余裕があり、清掃も苦にならないことを確認した上で

独立洗面台付きの賃貸物件を選ぶと良いですね。

 

賃貸に独立洗面台は必要?なくても工夫次第で生活できる

 

賃貸に独立洗面台はあった方が良いですが、ない場合も工夫をすれば快適に生活できます。

 

例えば、吸盤を使って簡易式の棚を作って風呂場の洗面台に収納スペースを設けたり、鏡を設置したりするだけでも使いやすくなります。

 

また、風呂場から出てすぐの所に収納スペースを設けて

洗面台に必要な物を置いておくのも良いでしょう。

 

カラーボックスであれば安く購入できるので、収納に便利に使うことができます。

 

手洗いは、ユニットバスを使う以外にも、キッチンを活用することができます。

 

女性のヘアセットやメイクは、部屋に鏡や道具を置いておけば心配いりませんね。

 

工夫次第で、独立洗面台がなくても十分便利に生活ができます。


賃貸に独立洗面台は必要?なくても工夫次第で生活できる

 

まとめ

 

独立洗面台は、メリットとデメリットを考えた上で検討すると良いことがわかりました。

 

家賃を抑えたい、掃除が億劫に感じるという方は、工夫をすれば独立洗面台なしでの生活も十分可能です。

 

賃貸物件を借りるときに独立洗面台が必要かどうかは、ご自分の生活スタイルと家賃の両方を検討して決めましょう。


 有限会社すみれハウジング三田店

 〒669-1529

  兵庫県三田市中央町2-5


 TEL:079-559-8001

 FAX:079-559-8002


 営業時間:9:00~19:00


 定休日:毎週 水曜日

     2019年9月より定休日を設けさせて頂いて

     おります。ご迷惑をおかけしますが

     よろしくお願い致します。


私たち有限会社すみれハウジング三田店では

三田市の賃貸物件を豊富に取り揃えております。

 

気になる物件がございましたら

お気軽に当社までお問い合わせください

≪ 前へ|賃貸物件の1人暮らしには洗濯機よりコインランドリー?   記事一覧   一人暮らしに人気の家具家電付きの賃貸物件!付いている備品は?|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約