すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件における寒さの原因と断熱対策について

賃貸物件における寒さの原因と断熱対策について

賃貸アパートなどに住む場合、冬の寒さ対策は光熱費を抑えるためにも重要です。

 

今回は、賃貸物件における寒さの原因や、気軽にできる断熱対策をご紹介していきます。

 

賃貸物件における寒さの原因と断熱対策について:寒さの原因は熱の移動


賃貸物件


伝統的な日本の木造家屋は風通しがよくなるよう設計されており、湿気を逃がすことで家屋を長持ちさせていました。

 

神社やお寺の建物が簡単に壊れないのもそのためです。

 

その一方で近年は断熱技術が進歩して隙間風が入りにくい物件が増えており、気密性の高いマンションなどでは24時間換気設備が導入されていることもしばしばです。

 

しかし、賃貸用物件などでは構造上室内から熱が逃げやすい場合も少なくありません。

 

その場合、熱が逃げる経路を遮断することで室内を温かく保つことができます。

 

熱が逃げやすい経路は、屋外に直に接する窓ガラスと玄関ドアです。

 

この2ヶ所から熱が逃げないよう対策することで、室内の温度を保ちやすくなるでしょう。

 

賃貸物件における寒さの原因と断熱対策について:断熱対策は100均でも可能


プチプチ


窓ガラスを二重窓にすることで高い断熱効果が期待できますが、退去時に現状回復を求められる賃貸物件ではおすすめできません。

 

賃貸物件では安価かつ取り外しやすい断熱対策が必要になりますが、たとえば窓ガラスにプチプチ(梱包材)を貼るだけでも高い断熱効果が期待できます。

 

二重窓は2枚のガラスの間にある空気の層によって熱を遮断しますが、空気を多く含むプチプチを窓に貼ることで二重窓と同じような働きをしてくれます。

 

窓全面にプチプチを貼りにくい場合は、冷たい外気が侵入しやすい下半分に貼るだけでも断熱効果を得ることができます。

 

外に面しているトイレや風呂場に窓がある場合も、プチプチなどで覆ってしまうとよいでしょう。

 

また、カーテンを二重にしたり、プチプチをカーテン代わりに吊り下げたりすることも効果的です。

 

大きなプチプチは、ホームセンターや通信販売などで数千円程度で購入できます。

 

玄関ドアの下部に郵便受けがついている場合、特に郵便受けを使わない人は養生テープやビニールテープなどで塞いでしまいましょう。

 

なお、玄関ドアが鉄製の場合には、熱伝導で室外に暖かい空気が逃げていく場合もあります。

 

そんな部屋では、玄関ドアに断熱マットを切り張りすることで、一定の断熱効果を生むことができます。

 

その他、暖房に効果的なこたつの活用もおすすめです。

 

まとめ


賃貸物件の造りによっては隙間風が入りやすく、また熱伝導により屋外へ暖かい風が逃げていくような場合も少なくありません。

 

そんなときには、安価で原状回復しやすいプチプチ・テープ・断熱マットなどを用いて室外から入ってくる外気を遮断してしまいましょう。


私たち有限会社すみれハウジング三田店では、カップル向けの賃貸物件をご紹介しております。

 

兵庫県三田市神戸市北区でお部屋探しをしているなら、ぜひ当社までご相談ください

≪ 前へ|学生が一人暮らしで賃貸物件を契約する際の入居審査について解説   記事一覧   一人暮らしを始める際の引越し準備と見積もりについて|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約