すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 周りの目が気になる!賃貸のベランダを目隠しする方法とは

周りの目が気になる!賃貸のベランダを目隠しする方法とは

賃貸物件に住んでいると、ベランダに物を置いていて周りの目がすごく気になることもあるでしょう。

外から見えないようベランダを目隠ししたいという人は多いですが、なかには具体的な方法がわからず困っている人も少なくありません。

今回は、材料さえそろえば簡単にできるベランダの目隠し方法について解説します。

ベランダを目隠しするイメージ画像


賃貸のベランダを目隠しする方法!おしゃれに目隠し


賃貸のベランダを目隠しする方法はたくさんありますが、どうせ目隠しをするならおしゃれに目隠しをしたいですよね。

ここでは、賃貸のベランダをおしゃれに目隠しする方法について解説します。

おしゃれな目隠し方法

もっとも簡単な方法は、ベランダ専用の目隠しシートを使うことです。

目隠しシートにもたくさんの種類があり、なかにはおしゃれなものもあります。

ただしシートをきちんと固定しておかないと強風などで吹き飛ばされてしまう恐れがあるため、がっちりと固定しておきましょう。

また、ベランダにラディスフェンスやウッドフェンスなどを設置する方法もあります。

これらのフェンスには、ベランダを目隠ししつつフェンスの隙間から外が見えるという安心感があります。

もっと自然に目隠ししたい人には、ベランダに観葉植物や生垣を置いて目隠しする方法がおすすめです。

いかにも「ベランダを目隠ししています」といった雰囲気を出すことなく、緑を活用することで自然なおしゃれさを演出できます。

賃貸のベランダを目隠しする方法!DIYで目隠し


原状回復義務がある賃貸でDIYをする場合は、念のため事前に大家さんに確認を取るとよいでしょう。

DIYがどの程度許容されるかは物件によって異なるため、後々のトラブルを防ぎたいなら事前に契約内容を確認するか大家さんに相談しましょう。

おしゃれにDIY

DIYでベランダを目隠しする方法として、つる植物とネット・フェンスを使ったグリーンカーテンがあります。

グリーンカーテンはDIYで作っても良いですが、完成品のグリーンカーテンを利用するのもおすすめです。

なお、生きた植物を使ってグリーンカーテンを設置する場合は水やりなどのメンテナンスと害虫予防のための対策が必要です。

まとめ


今回は、賃貸物件でもできるベランダの目隠し方法について解説しました。

DIYをする場合は、念のため大家さんに確認してから始めると安心です。

好みのツールを使って、ベランダをおしゃれに目隠ししてみてくださいね。

私たち、有限会社すみれハウジング三田店では、兵庫県三田市神戸市北区の賃貸物件を多数取り扱っております。

 

ファミリーに最適な不動産物件をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい


≪ 前へ|賃貸物件で同棲がしたい!契約者の続柄は?必要な書類はあるの?   記事一覧   マンションオートロックの鍵をなくしてしまったときにやること〜対処方法と費用について〜|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約