すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 子どもに留守番をさせるときの対策は?便利なグッズやアイテムをご紹介

子どもに留守番をさせるときの対策は?便利なグッズやアイテムをご紹介

どうしても子どもに留守番をさせなければならないとき、どのような対策をとっていますか。

 

今回は、子どもに留守番をさせる前にやっておくべきことと、使える便利なアイテムのご紹介です。

 

安全に、そして快適に留守番させるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。


見守り機能


 

対策その①留守番をする子どもに教えておくこととは?



子どもに留守番をさせる際に教えておくことには、訪問者や電話への対応があります。

 

家のインターフォンがなった場合出るべきかどうか、対応は家庭よって違うかもしれません。

 

自分の家ではどうすべきか、あらかじめ子どもに教えておくことは安全対策になります。

 

今はモニター付きのインターフォンもありますので、相手が誰かを確認することも教えておくことのひとつです。

 

原則、電話も来客もむやみに対応しないことが得策でしょう。

 

また、何かあったとき、親とどのように連絡を取るか、決めておくことも大切です。

 

留守番をしている子どもは不安を感じることが多いもの。

 

子どもが安心していられるよう、いつでも連絡がとれる手段を教えておくことが大切です。

 

火に対する対策も考えておきます。

 

元栓を閉めるなど、親ができることはきちんとして出かけましょう。


 

対策その②子どもの留守番をサポートする便利なアイテム


 

安心して子どもに留守番をさせられるよう、便利なアイテムはどんどん活用しましょう。

 

例えば、屋内カメラやモニターカメラ。

 

スマートフォン操作で子どもの様子を見たり、話しかけたりすることができます。

 

また、ロボット型の見守りアイテムもあります。

 

親しみやすいロボットが、親からのメッセージを子どもに伝え、反対に子どもの言葉を文字メッセージとして親の携帯電話に送信するというアイテムです。

 

家の周りに防犯カメラを設置したり、セキュリティー会社と契約したりしておけば、さらにセキュリティーレベルを上げられます。

 

留守番をしている間に塾や習い事に出かけることがあるなら、GPS機能のついたキーホルダーが便利です。

 

自宅の鍵にそのキーホルダーをつけておくだけで、位置確認がスムーズにできます。


 

まとめ


 

「小学生になったら留守番ができてあたりまえ」という感覚で、何も対策をせず留守番を任せてしまうと、子どもの安全を確保できない可能性があります。

 

子どもの安全を守るためにできる対策を講じていないのなら、子どもに留守番をまかせてはいけません。

 

ひとりでの留守番が難しい場合には、ベビーシッターなど別の方法もあります。

 

家庭によって留守番対策は違ってきますので、親子でよく話し合ってください。


私たち、有限会社すみれハウジング三田店では、兵庫県三田市神戸市北区の賃貸物件を多数取り扱っております。

 

ファミリーに最適な不動産物件をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい

≪ 前へ|兵庫県三田市の地元で評判の美味しいパン屋さんに行ってみよう!   記事一覧   愛犬連れにも!神戸市北区のお出かけスポット「神戸フルーツフラワーパーク」|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約