すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の向きに関するメリットやデメリットを詳しく解説

賃貸物件の向きに関するメリットやデメリットを詳しく解説

賃貸物件の向きに関するメリットやデメリットを詳しく解説

賃貸物件を探す際には、建物の方向も考慮に入れて検討をする必要があります。
人気の南向きですが、その他のタイプもメリットの部分があります。
メリットとデメリットの両方を知った上で、時間をかけて検討する必要があります。
そこで、南向き、北向き、東向きそれぞれの賃貸物件関して、特徴などを詳しく説明したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

南向きの賃貸物件に関する特徴

賃貸物件はそれぞれ異なる方向に向いていますが、そのなかでももっとも高い人気を誇っているのが南向きの物件です。
このタイプは日中ずっと明るく、終始日当たりが良いという点が大きな特徴として挙げられます。
太陽の光がたっぷりと降り注ぐので、照明がなくても室内を明るくすることができます。
またこのタイプの物件では、洗濯物も乾かしやすいという点も魅力です。
デメリットの部分としては、夏場に熱くなりがちという点が挙げられます。
室内で快適に過ごすためにカーテンは必須ですし、エアコン代が高くなりやすいと言えます。

北向きの賃貸物件に関する特徴

賃貸物件はいろんな方向に向いていますが、そのなかでもっとも人気がないと言われているのが北向きです。
北に向いている物件は、日当たりが悪いため不人気となっています。
物件のなかには窓を大きくしているタイプもありますが、それでも日当たりの悪さは改善されにくいと言えます。
ただ家賃が低めに設定されていることが多く、費用を抑えたいという方にとっては魅力的に感じられることでしょう。
また照明を多くする、カーテンをせずに窓を開けておくなど工夫を施すことで、快適な空間にすることも十分に可能です。
さらに夏場は涼しく過ごせるので、エアコンなどの電気代を抑えられる点もメリットと言えます。

東向きの賃貸物件に関する特徴

太陽が昇ってくる方向は縁起が良いと言われることがありますが、太陽が昇る方向に向いている東向きの賃貸物件は昔から人気があります。
部屋が東に向いていることで、午前中はとても明るい状態で過ごすことができます。
ただ午後になると暗くなりがちなので、快適さは多少失われてしまいます。
午後も明るく過ごしやすい環境にするために、照明を使用するなどの工夫が必要な場合もあります。
また東に向いている物件は、冬場になると寒いというデメリットがあります。
そのため、エアコンなど暖房機器を使用する機会が多く、電気代がかかってしまいます。

まとめ

南や東に向いている物件は、人気が高い傾向にあります。
ただ家賃と光熱費といった費用を節約できるという点を見てみると、一般的に不人気と言われている北向きもメリットがあります。
単に室内の明るさだけではなく、費用面も考慮に入れて検討をしていくことが大切です。
私たち有限会社すみれハウジングは、兵庫県三田市を中心に豊富な賃貸物件を幅広く扱っております。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|三田市にある神戸三田プレミアム・アウトレットの魅力を解説   記事一覧

トップへ戻る

来店予約