すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸住宅に追い焚き機能は必要?メリットやデメリットを解説

賃貸住宅に追い焚き機能は必要?メリットやデメリットを解説

賃貸住宅に追い焚き機能は必要?メリットやデメリットを解説

賃貸住宅へ引っ越ししようと考えている方は、物件の条件の中に「追い焚き機能」を見かけることが多いでしょう。
追い焚き機能が付くことによって得られるメリットやデメリット、そしてガス代はどれほど変わるのでしょうか。
三田市で物件探しをしている方は、ぜひチェックしておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸住宅に追い焚き機能のメリットとは

追い焚き機能があることで得られるメリットは、いつでも温かいお風呂に入れたり、水道代の節約に繋がったりする点でしょう。
追い焚きは浴槽に入っている湯を温め直すため、「お風呂に入ろう」と思えば比較的早く入浴できます。
また、毎回お湯を貯める必要がなくなるため、水道代の節約に繋がります。
特に一人暮らしの場合は、入浴は1人なのに毎回お湯をためることで水道代が高くなりがちなので、毎月の水光熱費を削減するためには助かる点でしょう。

賃貸住宅に追い焚き機能のデメリットとは

追い焚き機能があるデメリットは、衛生面の不安と入浴剤が使えない点でしょう。
すでに湯船にたまっているお湯を温め直すことで雑菌が増殖、しかも配管にも菌がつきやすいので衛生面で不安が残るでしょう。
また、酸性や硫黄の強い入浴剤の場合、配管を傷める可能性があるため追い焚きは使えません。
入浴剤を使用したい場合は、注意事項などから浴槽を痛めないかチェックする、もしくは追い焚きを使わないようにしましょう。

賃貸住宅に追い焚き機能でガス代は高くなる?

毎日新しく湯船をためる場合と追い焚きを使う場合を比べると、追い焚きを使用したほうがガス代は安い傾向にあります。
新しく湯船をためる場合はガス代に追加して水道代もかかるため、追い焚きはかなり節約できるでしょう。
ただし、追い焚き機能があることで月々の家賃が高めに設定されているならば、一度検討が必要です。
月々の支払いのバランス、追い焚きの便利さ、そして得られるメリットやデメリットをしっかり比較したうえで決めると良いでしょう。

まとめ

賃貸住宅の追い焚き機能は、いつでも温かい湯船に入れ、水道代の節約につながるメリットがあります。
しかしデメリットとして、衛生面の不安や入浴剤の制限があることを覚えておきましょう。
毎日新しくお湯をためるより追い焚きを利用したほうが水光熱費は安くなるため、月々の支払いを心配する必要はないでしょう。
ただし、追い焚き機能が付くことによって毎月の家賃が高めに設定されているようならば、自分にとって必要か再度検討したほうが良いでしょう。
私たち有限会社すみれハウジングは、兵庫県三田市を中心に豊富な賃貸物件を幅広く扱っております。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸の角部屋で暮らすメリットはなに?家賃や騒音についても解説   記事一覧   シェアハウスの賃貸物件について家賃やメリットをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約