すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 二人暮らしでおすすめの間取りとは?

二人暮らしでおすすめの間取りとは?

二人暮らしでおすすめの間取りとは?

同棲を始める時「どんな部屋にしよう?」「どんな部屋が最適なんだろう?」「間取りによって生活スタイルは変わるの?」などの部屋を決める際に、さまざまな疑問が出てくることでしょう。
今回は、生活スタイル別に二人暮らしで最適な間取りについてご紹介していきます。
最後までお読みいただき、最適な「二人暮らしに最適な賃貸物件」を見つけていきましょう!

弊社へのお問い合わせはこちら

二人暮らしの間取り「同室編」

一緒に暮らし始めたらできるだけ一緒にいたいと考えている方には「1DK」か「1LDK」に住み、同室で過ごすのがおすすめです。
1DKは、ダイニングキッチンと居室があります。
1DKのメリットとしては、1LDKよりも家賃が抑えられる点でしょう。
注意点としては、1DKの場合クローゼットが1つしかない部屋が多いので、収納場所について考える必要があります。
1LDKは、リビング・ダイニング・キッチン用の部屋が1室と寝室1室のことを指します。
比較的新しい物件が多いので、お洒落な家に住むことも可能です。
また、LDKの部分が広いのでソファーを置くなどのレイアウトも楽しめます。
「1DK」「1LDK」ともに同室で過ごすことが多いので、喧嘩をしたときや一人で過ごしたいと思っているときには、窮屈に感じる可能性があります。
しかし、いつも一緒にいたいと考えている人にとっては、「1DK」と「1LDK」は二人暮らしの間取りとしてはおすすめでしょう。

二人暮らしの間取り「別室編」

一緒に暮らしたいけれど、一人になれる空間もほしいと考えている方には「2DK」と「2LDK」で別室を設けるのがおすすめです。
「2DK」は、ダイニングキッチンと居室が2部屋あります。
「2LDK」は、リビング・ダイニング・キッチン用の部屋が1室と居室が2部屋の間取りのことを指します。
どちらの間取りも、お互いの部屋を持つことができ、別室での生活ができます。
また、片方を寝室、もう片方は仕事や趣味の部屋などと生活スタイルによって使い分けもできるでしょう。
デメリットとしては、2DKは築年数が古いものが多いので和室や押入れなどの昔ながらの物件が多く、お洒落な賃貸物件を見つけるのは難しいでしょう。

二人暮らしの間取り「子ども編」

二人暮し間取りで、将来子どもが生まれることを想定している場合は「3LDK」がおすすめです。
「3LDK」に住むと、二人暮らしの間は、LDK+お互いの部屋兼寝室、寝室と分けて暮らすことができます。
子どもが生まれた後も、1部屋を子ども部屋として使用できるでしょう。
将来的に、子どもがいる生活を想定している場合は、二人暮らし間取りを決める際に、3LDKを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

二人暮らし間取りを決める際に同室、別室、将来的に子どもを想定しているかなどの生活スタイル別におすすめの間取りをご紹介しました。
部屋探しででお悩みの方は、どんな生活を送りたいか考えてみると、どんな間取りが適切なのかがわかってくるでしょう。
私たち有限会社すみれハウジングは、兵庫県三田市を中心に豊富な賃貸物件を幅広く扱っております。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ペット可の賃貸物件に住みたい方必見!選び方と注意点について解説   記事一覧   賃貸物件の快適なインターネット環境について解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約