すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件に家族で暮らす際の間取りや家賃の目安

賃貸物件に家族で暮らす際の間取りや家賃の目安

賃貸物件に家族で暮らす際の間取りや家賃の目安

賃貸物件をお探しの方のなかには、家族で暮らそう考えている方も多いと思います。
単身ではなくて家族で暮らす場合、どんな間取りでどれくらいの家賃の物が適正なのかは人数にもよります。
また、将来的に住み替えも視野に入れた選択をしておくことも重要です。
今回は間取りや家賃の目安などを中心に解説していきます。
ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件に家族で暮らす際の間取りの目安

まずは、どんな間取りを選択すれば良いかを考えていきましょう。

家族構成によって変わる

家族構成次第で使いやすい間取りの目安は変わってきます。
たとえば4人暮らしの場合、1LDKや2LDKだと、寝る場所が窮屈になるので少し手狭に感じてしまうかもしれません。
余裕を持って暮らすのであれば、3LDK以上の賃貸物件を探すのがベターです。
3人暮らしとしても、2LDK以上が理想的です。

間取りの使い方を考える

部屋数に余裕が出た場合、子どもが使う部屋と大人が使う部屋を分けて設定してあげることで、使い勝手も良くなります。
子どもが小さいころは部屋数が少なくても問題ないですが、成長してくるとプライバシーの面なども気にしなくてはなりません。

賃貸物件に家族で暮らす際の家賃の目安

次に適正家賃について考えていきましょう。
部屋数が多い賃貸物件は、それなりに家賃が高くなります。
便利な間取りと出費の面での折り合いが良い点を探すのがポイントです。

年収や月収の手取りから考える

一般的に家賃は月収も手取りの3分の1程度が理想とされています。
それを超えてしまうと生活を圧迫しかねないので注意しましょう。

適正家賃の計算方法は

まずは手取り年収を知っておきましょう。
それを12で割った手取り月収に0.3をかけたものが適正家賃です。
0.25をかけると理想的な適正家賃の目安が分かります。

賃貸物件に家族で暮らす際の住み替え時期

家族で暮らしているといろんなライフステージに直面します。
子どもの進学や独立など、それに合わせた住み替えも必要になります。

子どもの成長に合わせた住まいを検討する

未就学児であれば親と同じ部屋でも構いませんが、成長してプライバシーを気にする時期が来ます。
お互いの距離を適正に保つ間取りに住み替える必要が出てきます。

家族の人数が変わる

新しく子どもができたり、子どもが独立したり人数が変わる場合でも住み替えは必要です。

まとめ

家族で暮らすには人数や年収に適正な間取りを選択するのがベターです。
さまざまな変化に合わせて住み替えができるように余裕をもって暮らすことが大切です。
私たち有限会社すみれハウジングは、兵庫県三田市を中心に豊富な賃貸物件を幅広く扱っております。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の快適なインターネット環境について解説   記事一覧   賃貸物件の床下収納のメリットとデメリットは?使い方などについても解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約