すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の床下収納のメリットとデメリットは?使い方などについても解説

賃貸物件の床下収納のメリットとデメリットは?使い方などについても解説

賃貸物件の床下収納のメリットとデメリットは?使い方などについても解説

賃貸物件を選ぶ際、収納がどれだけあるのかといった点が一つの条件として挙げられます。
家具を置くと確実に居住スペースが少なくなり、住みにくくなってしまうため、床下収納はとてもありがたい存在と言えます。
ではその床下収納の使い方やメリット・デメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

床下収納のある賃貸物件のメリットとデメリット

収納スペースが充分に確保されているかどうかは、賃貸物件を選ぶ際にひとつのポイントとなりますが、床下収納のメリットやデメリットとはどのようなものなのでしょう。
まずメリットについてですが、生活感のある日用品など人目に触れられたくないものがある場合、床下であれば完全に隠すことができます。
また、居住空間をしっかりと保ったまま、収納スペースを増やすことができますし、水道やガス管など床下の点検口としての役割も果たします。
逆にデメリットとしては、出し入れしにくいという点や段差ができるため掃除機がかけにくい、つまずきやすいということが挙げられます。

賃貸物件の床下収納の活用方法とは

主にキッチンに設置されている床下収納ですが、上手に使えばとても有効に使えるものですので、その活用方法についてご紹介していきましょう。
床下は季節によって温度が変わりますし、湿度も高い状態が多いのでその影響を受けない缶詰などの食品やドリンク、味噌や醤油のストックに向いています。
他には土鍋などその季節にしか使わないような調理器具や食器などを入れておくのもおすすめで、その際は軽くて取り出しやすいものがいいでしょう。
また防災グッズを入れておくという活用方法もあり、これなら温度や湿度もほぼ影響がありませんし、場所も取らずしかも取り出しやすく便利です。

賃貸物件の床下収納の手入れ方法について

床下収納はその性質上、どうしても汚れが付きやすくゴミが溜まりやすいもので、湿気が高い状態が続くとカビも発生してしまいがちです。
では、どうすればきれいな状態のまま使用できるのか、その手入れ方法やカビの防止策、掃除方法について具体例を挙げてご紹介していきます。
手入れ方法としては、ラックを取り出し台所用洗剤で水洗いし、完全に乾かせばOKで、もしカビが生えていたら次亜塩素酸ナトリウムでカビを除去してください。
除湿の方法としては、ラックの下に新聞紙を敷いておくことでカビが発生しにくくなりますので、除湿剤や炭などのアイテムと合せて使うといいでしょう。

まとめ

床下収納はすっきりと荷物を収納できる便利なスペースですが、床下という特性上どうしてもカビが生えやすくなります。
収納物を衛生的に、そして良好な状態で保存するためにはこまめな掃除が必要ですので、手入れを怠らず、上手に活用してください。
私たち有限会社すみれハウジングは、兵庫県三田市を中心に豊富な賃貸物件を幅広く扱っております。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件に家族で暮らす際の間取りや家賃の目安   記事一覧   デザイナーズ賃貸物件ってなに?家賃やメリットを解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約