すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > ワンルームの木造賃貸アパートに住むメリットとデメリット

ワンルームの木造賃貸アパートに住むメリットとデメリット


木造賃貸について


三田市でワンルームを探している皆さま。

 

木造のワンルーム賃貸に興味はありませんか。

 

木造の賃貸アパートと聞くと、騒音の問題は大丈夫か

耐震性能が心配などと不安に思うこともあると思います。

 

もちろん木造アパートにはデメリットもありますが

メリットもあります。

 

そこで今回は、ワンルームの木造賃貸アパートに住むメリットとデメリットについてご紹介します。


ワンルーム木造賃貸アパートに住むメリット

 

ワンルーム木造賃貸アパートに住むメリット

 

まずは木造賃貸アパートに住むメリットについてです。

 

<家賃が安い>

 

木造のアパートは比較的家賃が安い物件が多いです。

 

木造の場合は、マンションなどによく用いられる

鉄筋コンクリート造(RC造)や鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)などと比べ、建築コストを安く抑えることができるため

家賃も安くなる傾向にあります。

 

木造のワンルームの賃貸物件であれば

格安な物件もありますので、なるべく家賃を抑えたい

という場合はオススメです。

 

<通気性が良い>

 

木造の場合は、通気性が良いこともメリットです。

 

夏は家の中に熱がこもるのを避けられるので

涼しく過ごせます。

 

また、冬は結露がしにくいので

カビの発生を抑えることができます。

 

ただし、木が水分を吸収した状態で放置すると

カビが発生することがありますので

定期的に換気をすることも必要です。

 

ワンルーム木造賃貸アパートに住むデメリット

 

続いてデメリットについてです。

 

<防音性能が低い>

 

木造は他の構造の住宅と比べ

防音性能が低いというところが一番のデメリットです。

 

特にワンルームの場合、居室同士が隣接していることが多いです。

 

例えば、クローゼットやお風呂などが隣接部分にあると

遮音効果がありますが、壁を挟んで、すぐ居室ですと

テレビの音や話し声が聞こえる場合もあります。

 

また、自分の生活音も隣の家に聞こえるということになりますので、実際に現地で防音性能を確認することも大切です。

 

<気密性が悪い>

 

木造は、通気性が良い一方で

気密性が悪いという特徴があります。

 

そのため、冷房や暖房の効きが悪く、特に冬は寒く感じるかもしれません。

電気代がかさむ傾向にありますので、注意してください。

 

<耐震性が不安>

 

また、地震の際に家が倒壊しないか心配になることもあると思います。

 

耐震性能に関する基準として

1981年6月に新耐震基準が制定され、その後2000年6月には更に厳しい基準が設けられています。

 

2000年6月以降に建築確認の申請をして建設された建物が

一番厳しい基準で建てられていますので

もし気になる場合は確認してみると良いでしょう。


ワンルーム木造賃貸アパートのデメリット

 

まとめ

 

ワンルームの木造賃貸アパートに住むメリットとデメリットについてご紹介しました。

 

それぞれの特徴を理解した上で、選択してくださいね。


有限会社すみれハウジング三田店

 〒669-1529

  兵庫県三田市中央町2-5


 TEL:079-559-8001

 FAX:079-559-8002


 営業時間:9:00~19:00


 定休日:毎週 水曜日

     2019年9月より定休日を設けさせて頂いて

     おります。ご迷惑をおかけしますが

     よろしくお願い致します。


私たち有限会社すみれハウジング三田店では

三田市の賃貸物件を豊富に取り揃えております。


気になる物件がございましたら

お気軽に当社までお問い合わせください

≪ 前へ|ワンルームをオシャレな空間に!おすすめレイアウト方法のご紹介   記事一覧   一人暮らしで月々の生活費はどのくらい?平均値や節約方法も紹介!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約