すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしの大学生は住民票を移動すべき?しない場合はどうなる?

一人暮らしの大学生は住民票を移動すべき?しない場合はどうなる?

★住民票について★


通う大学が実家から離れているため

一人暮らしをすることになる大学生は多いと思います。

 

大学生が一人暮らしをする際に

住民票を移動させる必要はあるのでしょうか?

 

実家に住民票を入れたままにしておくと、不便な手続きなどについてお話しいたします。

 

一人暮らしの大学生は住民票を移動すべき?しない場合はどうなる?


住民票を移動するのは義務なのか?

 

引越しをした場合

14日以内に住民票を移動させることは法律上の義務

となっています。

 

もし正当な理由なく住民票を移動させなかった場合

5万円以下の過料に処せられます(住民基本台帳法第52条第2項)。

 

居住地をきちんと管理できないと納税や

社会保険、行政サービスの円滑な遂行に支障がでてきます。

 

とはいえ、大学生が一時的に実家を出て通学のために

一人暮らしをしている場合、生活拠点は実家にあると扱われ

住民票をそのままにすることも認められています。

 

そういった意味では大学生は必ずしも移動させなければならないわけではありません。

 

住民票を移動しないと不便な手続きについて

 

一人暮らしの大学生が住民票を移動しないと不便な手続きについて


例えば、実家がそれ程遠くなく

ちょくちょく行き来している場合は不便は少ないかもしれません。

 

しかし、実家が遠方で、ちょっとしたことでは帰れない距離にあると不便な手続きもあります。

 


①免許取得の際の学科の本試験や免許の発行・更新

 住民票登録地でしか行うことができません。

 

 免許の本試験に1度で合格できなかった場合には

 何度も行き来しなくてはいけません。

 

②日本年金機構など行政から届く手紙が

 全て実家に届いてしまうので、転送してもらわなくては

 なりません。

 

③本人確認が必要な書類は受け取れない可能性もでてきます。

 在学中はそれほど必要ないかもしれませんが

 卒業後もそのままにしておくと

 通勤手当や住宅手当の申請ができないこともあります。

 

④確定申告ができなかったり

 社会保険や納税の手続きや煩雑になりがちです。

 


住民票を移すと地元の成人式に行けないのでは?

と心配する人もいるかもしれません。

 

基本的には成人式は住民票のある場所での参加になりますが

自治体によっては事前に申し出れば実家のある市町村の

成人式への参加が認められる場合もあります。

 

なかには、当日身分証明書を持参すれば

住民票を移していたとしても地元の式に参加させてくれる

市町村もあります。

 

各市町村のホームページなどを確認する必要はありますが

成人式に関してはそれほど心配する必要はないといえるでしょう。

 

また、単純に手続きが面倒そうだから…と

そのままにしておく人もいるかと思います。

 

しかし、基本的に免許パスポートなど本人確認書類印鑑

を持っていけば簡単に行える手続きなので

早めに済ませた方が気持ち的にスッキリするでしょう。

 


まとめ

 

大学生の住民票の移動は必須というわけではありません。

 

しかし移した方が何かと便利でメリットも多いです。

 

生活をよりスムーズにするためにも、新住所に移しておいた方が良いといえるでしょう。


有限会社すみれハウジング三田店

 〒669-1529

  兵庫県三田市中央町2-5


 TEL:079-559-8001

 FAX:079-559-8002


 営業時間:9:00~19:00


 定休日:毎週 水曜日

     2019年9月より定休日を設けさせて頂いて

     おります。ご迷惑をおかけしますが

     よろしくお願い致します。


私たち有限会社すみれハウジング三田店では

三田市の賃貸物件を豊富に取り揃えております。

気になる物件がございましたら

お気軽に当社までお問い合わせください

≪ 前へ|一人暮らしに人気の家具家電付きの賃貸物件!付いている備品は?   記事一覧   一人暮らしの学生でもペットを飼って大丈夫?注意点とは?|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約