すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > ベランダとバルコニーの違いとは?メリットデメリットも!

ベランダとバルコニーの違いとは?メリットデメリットも!

 

ベランダとバルコニーについて解説しますので、賃貸物件探しに役立ててくださいね。

 

同じような外のスペースですが、何が異なるのでしょうか?

 

ベランダとバルコニーの違いとメリットデメリットをみていきましょう!

 

ベランダとバルコニーの違いとは?

 

ベランダとバルコニーの違いとは?メリットデメリットも!


 

ベランダとバルコニーの違いとは、屋根があるかないかです。

 

ベランダとは、屋根があり建物から張り出した設計で、縁側などはベランダと同義といえます。

 

2階以上にある場合でも同様の分類になり、定義はありませんが、落下防止のために手すりや壁がついています。

 

一方、バルコニーとは、屋根がなく室外から張り出した2階以上の部分です。

 

基本的には落下の危険があるので、手すりなどで囲われているのが特徴。

 

また、階下の天井部分に乗っかるような設計であれば、ルーフバルコニーといいます。

 

賃貸住宅では、ルーフバルコニーは共用部分となるケースが多いので、個人の専有スペースにはならないでしょう。

 

図面を見ただけではわかりづらく、勘違いしやすい箇所なので、「屋根の有無」が違いだと覚えておいてくださいね。

 

ベランダとバルコニーのメリットデメリット

 

ベランダとバルコニーのメリットデメリットをそれぞれチェックしていきます。

 

▼ベランダのメリットデメリット

 

・メリット

 

屋根がメリットとして大きなポイントになるようです。

 

洗濯物をはじめ、外に置いたモノが雨でも濡れにくいのが特徴でしょう。

 

方角にもよりますが、強い日差しから室内の床や家具を守ってくれる役割もありますよ。

 

・デメリット

 

日当たりのよくない方向であれば、光が射しこみにくいケースがあります。

 

寒い日などは、窓から光が射しこむと、室温を上げてくれるので、屋根による太陽光線の遮りは良し悪しでしょう。

 

▼バルコニーのメリットデメリット

 

・メリット

 

屋根がなくたくさんの光を取り込めるので、室内が明るくて気持ちのよい雰囲気になります。

 

立地によっては建物が隣接しており、採光を取りにくい物件もあるので、少しでも光を送り入れるのに効果的でしょう。

 

・デメリット

 

周辺に太陽光を遮るものがない環境では、方角によっては光が入りすぎるのが難点です。

 

紫外線による洗濯物や家具などのダメージに注意してくださいね。

 

まとめ

 

ベランダとバルコニーの違いとは屋根の有無で、メリットデメリットも、屋根の有無に関係する内容が多いです。

 

雨や紫外線を避ける方法は屋根以外でも検討できるので、ライフスタイル全体を具体的にイメージしてくださいね。

 

好みの賃貸物件が見つかるのを応援しています!

 

私たち、有限会社すみれハウジング三田店では、兵庫県三田市・神戸市北区の賃貸物件を多数取り扱っております。

 

ファミリーに最適な不動産物件をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
≪ 前へ|賃貸のベランダでガーデニングする注意点やおすすめの植物   記事一覧   賃貸物件で温水洗浄便座の後付けをできる?おすすめは業者依頼!|次へ ≫

トップへ戻る