すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > DINKS向け賃貸物件の特徴についてを解説

DINKS向け賃貸物件の特徴についてを解説

DINKS向け賃貸物件の特徴についてを解説

最近、DINKS(ディンクス)と呼ばれる子どもをつくらない共働きの夫婦が増えています。
夫婦二人の生活のため、コンパクトタイプの賃貸物件が人気を集めています。
今回は、DINKS向けの賃貸物件の特徴とメリットとデメリットを含めて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

DINKS向けの賃貸物件の特徴

DINKS向けの賃貸物件は、ファミリー向けより小さく、単身向けより大きい中間的な「コンパクトマンション」と呼ばれる物件に注目が集まっています。
しかし、コンパクトマンションだけに限らず、夫婦二人だけの生活のため気軽に住み替え可能な賃貸ニーズも高く、ほどほどの大きさの賃貸マンションやアパートなども人気です。
そのほかの特徴としては、閑静な住宅地よりも市街地中心部に建てられた物件が多いということです。
夫婦共働きを想定しているため、商業施設が夜遅くまで利用できる環境と最寄り駅から徒歩圏内にあるといった利便性を優先して物件を選択する方が多くいるようです。
間取りについては2LDKが多く、お互い自分の部屋を持ちながらLDK部分で一緒に過ごす時間を大切にする場合が多いようです。
もちろん、ライフスタイルに合わせて1LDKや3LDKの部屋を選ぶこともできます。
DINKS向けの物件では、昼間の時間帯は就労のために不在の場合が多いので宅配ボックスの設置もよく見られます。

DINKSの方が賃貸物件を選ぶメリット

DINKSの中でも、「短い期間で気軽に引っ越しをしたい」「住宅ローンに縛られるのが嫌だ」という方には賃貸の身軽さが大きなメリットになるでしょう。
また、転勤や転職など生活の変化にも柔軟に対応しやすいのもメリットのひとつです。
そして、気に入った物件が見つかれば、現在の住居の契約を終了して新しい部屋の契約をすることもできます。
子どもがいたり、持ち家の場合には、このような選択を気軽にするのは難しいことでしょう。
また、住宅ローンに対する責任を持つことなく生活をおくることができるので精神的にも楽でしょう。

DINKSの方が賃貸物件を選ぶデメリット

DINKS向けに限ることではありませんが、賃貸住宅に住み続ける以上毎月家賃がかかります。
そして、借りているだけなので、資産にはならない点がデメリットとなります。
また老後に、物件をスムーズに借りることができるのかという不安にもぶつかります。
今は仕事と安定した収入があるため簡単に住宅が借りられますが、年金暮らしになったときに借りられる物件を探すのが困難になる恐れがあります。

まとめ

女性の社会進出にともないDINKSと呼ばれる世帯が増えています。
子どもがいないので、賃貸住宅をライフスタイルや気分に合わせて、自由気ままに住み替えられるというメリットがあります。
しかしながら、持ち家がないので老後のことを考えると不安を感じることもあるようです。
それなので、今の生活が充実していても必ず老後はやってくるので、将来を見据えた選択をすることが重要です。
私たち有限会社すみれハウジングは、兵庫県三田市を中心に豊富な賃貸物件を幅広く扱っております。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|神戸三田プレミアム・アウトレットの楽しみ方を解説!アクセス情報もご紹介   記事一覧   二人暮らしに最適な間取りとは?同室と別室のメリットや注意点をチェック!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約