すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件で一人暮らしする方におすすめな冷蔵庫のサイズについてご紹介

賃貸物件で一人暮らしする方におすすめな冷蔵庫のサイズについてご紹介

賃貸物件で一人暮らしする方におすすめな冷蔵庫のサイズについてご紹介

一人暮らしをはじめる際に必要になる電化製品のなかに、冷蔵庫があります。
便利な機能が付いているものも多数あるので、選びやすいことでしょう。
また、サイズにもこだわって自分に合ったものを見つけることも必要です。
ここでは、選び方のポイントについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で一人暮らしをする方は冷蔵庫のサイズも要チェック

それぞれ、どのような食生活を送るのか異なります。
そのため、おすすめしたい冷蔵庫のサイズも違います。
一般的に、賃貸物件で一人暮らしをする場合、100L~200L程度の冷蔵庫がおすすめです。
外食が多い方は、100Lくらいでも良いですし、飲み物程度しか冷やさないという方は、さらに小さめサイズを選ぶのも良いでしょう。
自炊が多い方は、食材が十分保存できるものを選んでください。
同じように、まとめ買いをすることが予想される方も、150L~200Lくらいのものを選んだほうが安心です。
ただし、注意したいポイントがあります。
冷蔵庫は、壁にっぴったりとフィットするように設置することはできないため、ある程度スペースにゆとりをもって選ぶことも必要です。
壁から10cm程度離して設置する必要があるため、あらかじめ置き場所の広さを測ったうえで購入しましょう。
また、部屋まで運べるかどうかも要チェックです。
エレベーターを使用したり階段を使ったりして運ぶことになるかと思いますが、それが可能なものを選んでください。

賃貸物件で一人暮らしをする冷蔵庫選びのポイント

現在は、便利な機能付きの冷蔵庫がたくさん販売されていますので、自分が楽に使えると思えるものを見つけてください。
霜取りは、なかなか面倒な作業ですが、これが不要なタイプのものもあります。
間冷式タイプは、霜取りする必要がないので便利です。
また、冷蔵庫によって開閉に違いがあります。
賃貸物件のキッチンの造りや広さを確認する際は、右開きと左開きのどちらが使いやすいのかイメージして、冷蔵庫選びをするのもポイントです。
ほかにも、冷凍食品を頻繁に使う方は、冷凍庫のサイズにも注目してみましょう。
こちらも、それぞれ広さが異なっていますので、十分な広さがあるものを見つけてください。

まとめ

賃貸物件で一人暮らしをする場合、自分に合ったサイズの冷蔵庫を選ぶことがポイントです。
外食が多い方と、自炊が多い方とではおすすめしたいタイプが異なるほか、自分に合った冷凍庫の広さも違います。
私たち有限会社すみれハウジングは、兵庫県三田市を中心に豊富な賃貸物件を幅広く扱っております。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|二人暮らしに最適な間取りとは?同室と別室のメリットや注意点をチェック!   記事一覧   ペット可の賃貸物件の退去費用はどのくらい?原状回復の重要性も解説!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約