すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の防音性を高める!二重サッシのメリットとデメリット

賃貸物件の防音性を高める!二重サッシのメリットとデメリット

賃貸物件の防音性を高める!二重サッシのメリットとデメリット

賃貸物件を選ぶ基準は人によって異なります。
なかには、防音対策ができているか否かを基準の1つにしている方もいるのではないでしょうか?
防音対策の1つとしては、二重サッシの窓になっているかどうかが挙げられます。
今回は、二重サッシとはどういったもので、どのようなメリットとデメリットがあるのかご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の防音性を高める!二重サッシとは?

さっそく、賃貸物件の防音性を高めるといわれる二重サッシとは、どんなものかを見ていきましょう。
二重サッシとは、サッシが二重になっている窓です。
もちろん、サッシだけではなく窓が別々についているため、窓が二重になっていると考えて良いでしょう。
二重の窓、と聞くと複層ガラスのことが思い浮かんだ方もいるかもしれません。
複層ガラスはペアガラスとも呼ばれるもので、ガラス自体が二重になっているのが特徴です。
複層ガラスは見た目としては1枚のガラスであり、窓に採用している場合も開閉は1度で済みます。
しかし、二重サッシは窓枠の外側に外窓、内側に内窓と2つのサッシが設置されていて、両方を開けることも片方だけを開けることも可能です。
二重サッシは窓自体を2層にできるので、防音性が高まるだけではなく、耐熱効果ももちろん高くなります。

賃貸物件の防音性を強化!二重サッシのメリットとデメリット

それでは、二重サッシのメリットとデメリットを見ていきましょう。
賃貸物件の窓が二重サッシのメリットは、防音効果が高まる点です。
さらに、断熱性が高まるのも魅力でしょう。
防音効果や断熱性が高まるのは、窓と窓の間に空気の層ができるから。
断熱性が高まれば、結露が発生しにくく、カビの繁殖が防げるのも利点です。
さらに、窓が二重になる構造なので、防犯性がアップするのもポイントになります。
では、二重サッシにはどんなデメリットがあるか見ていきましょう。
二重サッシのデメリットは、窓が2つあるので、開閉が面倒に感じる点です
また、単純に窓の数が増えるので掃除が大変なのも難点でしょう。
導入のための費用が、普通の窓より高いのもデメリットです。
不注意で二重サッシの窓を割ってしまった場合、普通の窓を弁償するより高額な費用が発生するかもしれないことも念頭に置いておきましょう。

まとめ

賃貸物件の窓が二重サッシであるメリットとデメリットをご紹介しました。
防音対策の1つである二重サッシは、騒音にまつわるご近所トラブルが気になる方からも注目されている設備。
防犯性を重視した賃貸物件にも取り入れられており、費用などのデメリットもあるものの、快適な住環境を求めるならチェックしておきたいところです。
暮らしやすさや安全性を大切にした住まいを求めるなら、二重サッシの賃貸物件を検討してみてはいかがでしょうか。
私たち有限会社すみれハウジングは、兵庫県三田市を中心に豊富な賃貸物件を幅広く扱っております。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件を借りる前には要チェック!入居審査の基礎知識をご紹介   記事一覧   賃貸物件にあるウォークインクローゼットとは?メリットや収納方法もご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約