すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 三田市に引っ越しを検討している方必見!有馬富士公園の魅力とは

三田市に引っ越しを検討している方必見!有馬富士公園の魅力とは

三田市に引っ越しを検討している方必見!有馬富士公園の魅力とは

兵庫県にある三田市は緑豊かな公園が多く、自然がたくさん残っているエリアです。
そんな兵庫県三田市に引っ越しを検討している方はいらっしゃいませんか?
この記事では、三田市にある「有馬富士公園」の魅力をご紹介します。
三田市への引っ越しを検討しており、引っ越し先にどのような施設があるのか知りたいという方は、ぜひ参考にご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

三田市にある有馬富士公園の概要と一押しスポットをご紹介

三田市にある有馬富士公園の概要と一押しスポットをご紹介

有馬富士公園は、2001年に開園した県内最大級の都市公園です。
175.2haという広大な敷地にはさまざまな施設があり、昆虫採取や沢遊び、ハイキングなど多くの自然体験ができます。
特徴は公園内には有馬富士があることで、気軽に登山が楽しめるとしても人気です。
施設内には、以下のようなスポットがあります。

●パークセンター
●自然学習センター
●あそびの王国
●水辺・林・草地の生態園
●ガーデン階段
●花・鳥の道
●かやぶき民家
●棚田、里山など


「みんなでつくるふるさと公園」をテーマとした有馬富士公園は、地域住民の憩いの場として親しまれています。
以下にて、有馬富士公園の一押しスポットをご紹介します。

大型遊具で楽しめるあそびの王国

あそびの王国はには、三田の民話をもとにして作られた遊具が設置されています。
遊具の形がほかの公園とは異なっていて、ユニークなものが多いです。
広場は小学生向けと低年齢向けに分かれているため、小さなお子さんも安心でしょう。
大型遊具の周りは芝生になっており、簡易テントを張ってピクニックなども楽しめます。

遊び疲れたらパークセンターで一休み

パークセンターは、公園全体の案内をおこなう施設です。
インフォメーションセンターのような役割を担っており、ガイドマップなどもいただけます。
センター内には自動販売機や飲食スペースがあるため、遊び疲れて休憩する際に便利です。
また、会議室や多目的ホールなどもあり、定期的にコンサートや講演会も開催されます。

さまざまな生態系を観察

水辺・林・草地とそれぞれの生態系が観察できる生態園もおすすめです。
水辺の生態園では、元水田跡地をビオトープ空間として整備しており、ため池やその周辺に住む生物を観察できます。
林の生態園では三田地域の雑木林内の植生や昆虫、草地の生態園では草地に集まる昆虫の観察が可能です。
普段見ることがない生き物や草木を観察でき、お子さんの夏休みの自由研究にもおすすめですよ。

有馬富士公園の概要

有馬富士公園への情報は以下をご覧ください。

●所在地:三田市福島1091-2
●車でのアクセス方法:(三宮・大阪・姫路から)「神戸三田IC」より約15分/(福知山から)「三田西IC」より約15分
●駐車場:(第1駐車場)112台・(第2駐車場)137台・(第3駐車場)279台・(臨時駐車場)157台

おすすめ物件情報|三田市の賃貸一覧

三田市にある有馬富士公園で登山をする際のおすすめコース

三田市にある有馬富士公園で登山をする際のおすすめコース

有馬富士があるのは休養ゾーンのなかです。
自分にあったペースで1つのエリアを散策したり、頂上まで登ったあとに各ゾーンを散策するのもおすすめです。
ここでは、有馬富士公園で登山をする際のコースと、気軽に散策ができるコースをご紹介します。

お手軽散策コース

パークセンターを出発して、花の道、ターザンロープの広場、草木の生態園をとおり、有馬富士を対岸に眺めながら散策するコースです。
出発してから戻ってくるまで45分ほどなので、気軽に運動や散策がしたい方におすすめでしょう。
花の道ではツツジなどの彩り豊かな花々を、ガーデン階段では四季折々の自然環境を一望できます。
ゆったりと散策しながら、美しい景観に癒されてみてはいかがでしょうか。

出会いのゾーン散策コース

パークセンターを出発して、福島大池を半周し、かぶやき民家、棚田を眺めて散策するコースです。
出発してから戻ってくるまで約70分ほどなので、お手軽散策コースでは物足りないという方におすすめですよ。
通過地点である「かぶやき民家」では、今ではほとんど見る機会のない「かぶやき屋根の民家」を観察できます。
自然の豊かさとともに歴史も感じられるコースです。

有馬富士の登山コース

パークセンターを出発したあと、福島大池の西側園路ととおり頂上を目指す、片道約1時間の本格登山コースです。
標高374mの有馬富士の山頂からは、三田の盆地を遠くまで眺められます。
本格登山といえど、そこまで険しい山道はなく1時間で頂上まで登れるので、登山を始めたばかりの方やお子さんにもおすすめです。

公園横断コース

パークセンターを出発後、福島大池の西側園路をとおり、山のゾーンとなる屋根ルートを経て共済センターまで公園を横断するコースです。
片道約80分と、4コースのなかでもっとも距離が長いため、ハイキングをめいっぱい楽しみたいという方におすすめでしょう。

おすすめ物件情報|三田市の賃貸一覧

三田市の有馬富士公園にある「キッピー山のラボ」とは?

三田市の有馬富士公園にある「キッピー山のラボ」とは?

キッピー山のラボは、子どもが自然について学べる学習センターです。
正式には「三田市有馬富士自然学習センター」という名称ですが、親しみを込めて多くの方からキッピー山のラボと呼ばれています。
キッピー山のラボは、公園が開園したのと同時にオープンしました。
有馬富士公園に多く残る自然をもっと身近に感じてほしい、自然と人間の関わり方を学習してほしいとの思いから設立され、現在では三田市以外からも多くの方が訪れます。
展示やワークショップなども定期的に開催されるため、親子で一緒に楽しめるスポットです。

個性豊かなコミュニケーターが学びを支援

キッピー山のラボには、子どもたちに学びを伝えるコミュニケーターが常時しています。
どのコミュニケーターも個性豊かで、飽きずに自然を学べるでしょう。
子どもたちと一緒に遊びながら自然のことを伝えてくれるため、子どもも楽しんで学習ができます。

季節にあわせた企画展示と遊び心たくさんの常設展示

キッピー山のラボでは、季節ならではの有馬富士公園を楽しんでもらえるよう、そのきっかけとなる企画展示を四季ごとにおこなっています。
たとえば春の企画展示では、お花や虫のぬいぐるみを壁につけて遊べたり、春ならではの絵本を読めたりと、子どもが楽しく学べるような工夫でいっぱいです。
このように、キッピー山のラボでは四季折々の草花や、その季節ならではの生き物を楽しく覚えることができます。
また、企画展示だけでなく常設展示も見所の1つです。
入り口には「ジャンボクワガタつよし君」という大きなミヤマクワガタの模型があり、上に乗って写真撮影ができます。
そのほかにも、里山の地下を潜り抜けられる「地中トンネル」や子ども専用のすべり台など、子どもの好奇心をくすぐる仕掛けが盛りだくさんです。

●所在地:兵庫県三田市福島1091-2(有馬富士公園内)
●開館時間:9:00〜17:00(夏休み期間中は18:00まで)
●休館日:月曜(月祝の場合、翌火曜)・年末年始・臨時休館あり


キッピー山のラボでは、当日申し込みが可能なイベントなども多く開催されています。
詳細は公式ホームページをご確認ください。

おすすめ物件情報|三田市の賃貸一覧

まとめ

今回は、三田市に引っ越しを検討している方に向けて、有馬富士公園の魅力をご紹介しました。
有馬富士公園は、昆虫採取や沢遊び、ハイキングなど多くの自然体験ができる学びと遊びの公園です。
三田市に引っ越す際は、ぜひ有馬富士公園に足を運んでみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|三田市にある神戸医療福祉専門学校はどんな学校?2つの学科について解説   記事一覧   三田市にある三田モードビジネス専門学校とは?概要やコースもご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約