すみれハウジングTOP > 有限会社すみれハウジング 三田店のスタッフブログ記事一覧 > 三田市にある兵庫県立人と自然の博物館ってどんなところ?

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館ってどんなところ?

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館ってどんなところ?

兵庫県三田市には、国内の公立博物館の中では規模が大きいといわれている博物館「人と自然の博物館」があります。
文字通り人と自然の共生をテーマにしており、丹波や篠山のさまざまな自然に触れることができます。
そこで本記事では、より楽しめるように博物館の情報を集めてみました。
展示されているものをはじめ概要も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館とは

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館とは

兵庫県立人と自然の博物館は、三田市にあります。
1992年(平成4年)に設立され、人と自然の共生をテーマに「ジーンバンク施設」「エントランスホール」「恐竜ラボ」などさまざまな施設で構成されています。
その数はなんと9つ、他にも期間限定の企画展示や市民団体による展示会などが開催されており、子どもも大人も楽しむことができます。
そんな「人と自然の博物館」についてご紹介しましょう。

自然史系の博物館

人と自然の共生をテーマに建てられたため、「自然史系の博物館」といわれています。
通称「ひとはく」といい、国内の公立博物館の中では最大級になります。
ひとはくには9つもの展示があることはすでにご存じだと思いますが、大きく分けると「常設展示」と「企画展示」の2つがあります。
常設展示は文字通りいつも展示されているもので、いつでも見ることができます。
「ナチュラリストの幻郷」や「兵庫の自然誌」、「丹波の恐竜化石」などが展示されており、その数は1階〜3階まで広がります。
一方で企画展示はミニ企画展・トピックス展など期間限定で開催されています。
これらの詳細については後述しますので、ぜひ参考にしてみてください。

休みの日はイベントを開催

兵庫県立人と自然の博物館では、毎週土日・祝日にイベントを開催しています。
夏休みやゴールデンウィークなど、長期休みにも開催されており、企画展示やセミナーなどを楽しむことができます。
夏休みの自由研究で、ひとはくのイベントについて書く子どもは少なくありません。
イベントについては公式ホームページで確認できますので、ぜひチェックしてみてください。
毎日何かしらのイベントを開催していますから、未就学児でも楽しむことができるでしょう。

大人も子どもも楽しめるセミナー

セミナーは、毎年開催されています。
「ひとはくセミナー」と呼ばれ、大人から子どもまで講座を受けることができます。
セミナーの内容は、野外観察や実習、専門向けと多様で、分野で選んだり講師で選んだりと自由に参加可能です。
オープンセミナーといって当日参加することもできますから、ふと思い立っておこなってみるのも良いでしょう。

おすすめ物件情報|三田市の賃貸一覧

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館の展示内容

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館の展示内容

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館は、さまざまな展示やイベントが楽しめる施設であることが分かりました。
ここでは、より詳しく展示内容についてご紹介しましょう。
「常設展示」「企画展示」、それぞれ楽しいものばかりなので、初めて足を運ばれる方はぜひチェックしてみてください。

恐竜ラボとは

その名のとおり、恐竜化石について学べるエリアです。
丹波市・篠山市の篠山層群から発見されたもので、研究者たちの作業を見学することができます。
「丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム」の構成施設のひとつで、施設の前は小さなお子さんでも楽しく過ごせるように斜面が改修されています。
そこもまた、兵庫県立人と自然の博物館の魅力のひとつでしょう。
恐竜ラボは、本館を出てすぐのところにあります。
エントランスホール横にある建物で、10時〜17時までいつでも無料で見学できます。
エントランスホールには恐竜化石のレプリカも展示されていますから圧巻です。

常設展示とは

少し前にも簡単にご紹介していますが、常に展示されているものになります。
初めて来館する方にも分かりやすいようにアプリで「館ナビ」を利用することもでき、音声で説明してくれるので分かりやすいでしょう。
1階〜3階にかけて広い範囲で展示しており、「丹波の恐竜化石」は3階に設置されています。
ただこちらは2022年6月28日〜7月1日の間、閉鎖していますので見学ができません。
他には、ナチュラリストの幻郷・兵庫の自然誌・人と自然があり、2階には「多様性のフロア」(2022年6月7日〜7月14日まで閉鎖)、化石工房・水生生物の世界を楽しめます。
1階には、地球・生命と大地、共生の森などが見学できます。

ジーンバンク施設とは

ジーンバンク施設では、ジーンファームといって野生植物の栽培や育成をおこなっている施設があります。
施設のなかには温室・ミスト室・冷室・ガラス室・圃場・遮光ハウス・網室などがあり、それぞれ異なる栽培・育成がおこなわれています。
ジーンバンク施設は、特注セミナーのみ見学することができ、広い敷地を自然とともに学ぶことができます。

おすすめ物件情報|三田市の賃貸一覧

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館の概要

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館の概要

兵庫県立人と自然の博物館は、大人から子どもまで観覧料を払えば誰でも入館できます。
夏休みや年始は休館日が異なりますので、詳しくは公式ホームページで確認してみてください。

ひとはくの概要

ひとはくの施設名や住所など、概要を簡単に紹介します。
アクセスについては詳しく後述しますので、参考にしてみてください。

●施設名:兵庫県立人と自然の博物館
●所在地:兵庫県三田市弥生が丘6丁目
●営業時間:10時~17時(入館16時30分まで)
●定休日:月曜日(祝日・休日の場合は翌日)
●駐車場・ゆずりあい駐車場
●※近隣駐車場(イオン三田店・平面駐車場・立体駐車場)の利用も可能です。

アクセス方法

アクセスは、電車・路線バス・車から可能です。
電車でアクセスする場合は、三宮・大阪の2つのルートがあります。
三宮は、神戸市市営地下鉄「三宮」駅から谷上方面行きに乗車します。
「谷上」駅で下車すると神戸電鉄に乗り換え「三田」行きに乗車、「横山」駅で「ウッディタウン中央」行きに乗ったら、「フラワータウン」駅で下車し徒歩約5分で到着です。
阪神/阪急「神戸三宮」駅から神戸高速線で「新開地」駅に行き、神戸電鉄に乗り換える方法もあります。
大阪は、JR「大阪」駅または「尼崎」駅よりJR宝塚線(福知山線)で「新三田」「篠山口」行きまたは「福知山」行きに乗り、「三田」駅で下車します。
そのあとは、先ほどと同じように「フラワータウン」駅で降り、徒歩約5分で着きます。
路線バスでアクセスする場合、JR「三ノ宮」駅東口の東側にある「神戸三宮バスターミナル」から「学園7丁目」または「関西学院大学」行きに乗り、「フラワータウンセンター」で下車し徒歩約5分で到着します。
車でアクセスする場合、中国自動車道「神戸三田インターチェンジ(六甲北有料道路終点)」から約10分で着きます。

観覧料について

観覧料は、個人・団体で異なります。
個人の場合、大人200円/大学生150円/70歳以上100円/高校生以下無料となっています。
団体は20名以上の場合、大人150円/大学生100円/70歳以上50円/高校生以下無料です。
また個人でも障がい者の場合は割引が適用され、大人50円/大学生30円/高校生以下無料となります。
団体も、20名以上・障がい者割引は大人30円/大学生20円になりますので、間違えないようにしてください。
高校生以下は、県内・県外問わずすべての人が無料で入館可能です。

おすすめ物件情報|三田市の賃貸一覧

まとめ

三田市にある「兵庫県立人と自然の博物館」の特徴や概要をご紹介しました。
国内にある公立博物館の中では大規模な博物館になりますので、お近くの方はもちろんのこと遠方の方も長期休みを利用して、ぜひアクセスしてみてください。
大人も子どもも楽しめるでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|三田市で蕎麦屋さんを選ぶなら?おすすめな3店舗をご紹介   記事一覧   三田市にあるおすすめ沖縄料理店「琉球料理 寿司 おもと」をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約